歌の教室やカラオケ教室をお探しの方は、渋谷,池袋のボイストレーニング「ソードミュージックボーカル教室」へ。

ボーカル教室 渋谷 池袋 
東京調布事務所 〒182-0015 東京都調布市八雲台2-1-10

お気軽にお問合せください

0120-756-109

営業時間:10:00~20:00
お電話受付 お休み日はこちら

佐向真理子先生 池袋 渋谷 ボーカル教室
ボイストレーナー

お申し込みと講師プロフィール

【名前】 佐向真理子 先生

歌の悩み一人で抱えてませんか?
ほんわか和やかで親切な佐向先生のレッスン、お気軽にお問い合わせ下さい♪


<お月謝>
体験日に入会すると、入会金が半額になります♪
・初心者コース8000円 入会金5000円 月2回40分
・趣味コース11000円 入会金5000円 月2回60分
・アーティストコース15000円 入会金8000円 月2回60分
レッスン回数変更可能

池袋教室 music studio フォルテ 歌の教室場所詳細

住所

豊島区南池袋1-26-9

最寄り駅

池袋駅 徒歩3分

渋谷教室スタジオレッツ ボーカル教室場所詳細

住所

桜丘町 3-2

最寄り駅

渋谷駅 徒歩7分

 佐向真理子 先生Profile

■sakou200.jpg

出身地

和歌山県

星座

おひつじ座

血液型

B型

身長

160cm

ニックネーム

りこちゃん、さこまり、まりっぺ、まりも

好きなアーティスト
  • 邦楽:Superfly、アンジェラ・アキ、白鳥英美子、桑田佳祐、平井堅
  • 洋楽:(vocals)Norah Jones,Celtic Woman,Holly Cole,Tuck & Patti,Sarah McLachlan (music)CaroleKing,MichaelJackson,StevieWonder,Joe Sample,George Winston,Maria Joao Pires
好きな言葉

柳は緑・花は紅

趣味

創作活動 YOGA 料理 読書 ネコと遊ぶ

好きな食べ物・飲み物

豆腐、豆乳、チョコレート、ドーナツ、チーズ、ワイン

特技

パペット、図画工作

一言・・・

『柳は緑・花は紅』何か他のものになろうとするのではなく、自分の色を咲かせることへ音楽を通してお手伝いできたらと思います。

【活動経歴】
  • 3歳からピアノ始め、カワイ音楽教室、YAMAHA音楽教室にて幼少から音楽に親しむ。
    作曲にも興味を持ち、ヤマハ作曲コンクールにも参加。
     
  • 高校時代 ヤマハPMS(現大人の音楽レッスン)でギターを、独学で音楽理論を学ぶ。
     
  • 大学時代JAZZボーカル教室に通い始めたことがきっかけで‘歌’に目覚める。
    以来、歌の魅力に取り付かれ、ポップスから洋楽まで様々な音楽を学ぶ傍ら、児童用演劇などの舞台にも立つ。
     
  • 2000年ニューヨーク Broadway Dance Centerでヴォイストレーニングを受ける
    2005年オーストラリア SouthAfrican&Australian choirの一員として参加
    Martin Meader氏に師事。
     
  • アメリカ・オーストラリアへの留学経験から、帰国後は英語の発音矯正などにも対応。
    2006年~ハイドシャウト・ヴォーカルアカデミー ボイストレーナー養成コースにて菅井 英斗氏に師事。
     
  • 現在の活動:
    アコースティックPOPSユニット、バンド、ピアノ弾き語り、女声コーラスユニットなど
    幅広いジャンル及びスタイルで都内のライブハウス・ライブバー・カフェなどを中心に
    ライブ活動を行う。
    その他、R&Bバンドのバックコーラスや仮歌、企業向けイベント、歌のお姉さん
    など活動の幅を広げている。
    チャリティー及びボランティアのコンサート等にも積極的に参加するなど様々に活躍。

歌レッスンのよくあるQ&A

*佐向先生に聞いてみよう♪
歌の先生は10人いれば10人違うことを言うと言います。それは、人によって持っている声や体の作りが違い、伝えるイメージも人により異なるからです。

是非色んな先生のQ&Aを見て、参考になる答えを確認してみましょう。

<歌に関する質問>

Q1 高いキーを出すにはどうしたらよいでしょうか? 

A   高い声が出しにくい理由には幾つかあります。
・喉が開いていない。
・身体や顔に余計な力が入っている。
・息の量が少ないか支える力が足りない などがよく見られます。
高い声を出すと苦しかったり、安定しないという場合は喉が閉まっていたり、 首や肩、顎などに余計な力が入っている可能性があります。 90度お辞儀をするようにして前かがみになって声を出してみると 余計な力が抜けて出しやすくなりますので、試してみてください。

Q2 喉が疲れやすいです、疲れないコツがあれば知りたいです。

A   ポイントは、
*姿勢を整える
*丹田と呼ばれるおへその下、身体の中心から呼吸をする(腹式呼吸)
*喉を閉めないで息を流す
歌うときに猫背になったり顔が前に出てしまうなど、 よくない姿勢で声を出すと喉が閉まってしまい息が流れてなくなり 余計な力が入ってしまって疲れやすくなります。 姿勢や声の出し方のよくない癖を直すのは人によっては多少時間が かかるかもしれませんが、正しい姿勢と発声を身につければ、 いつまで歌っても疲れないようになりますよ。 正しい姿勢についてわからないという人は、 仰向けになって口を開け、ハ~と息と声をだしてみましょう。

Q3 カラオケで上手く聞かせるコツはありますか?

A   *歌いやすいキーの歌手や曲を選ぶ 自分の声やキャラクターに合った選曲は重要です。
(*キーを変える 自分の音域がわかってきたら、それに合わせてキーを変えて歌えるになるとレパートリーも増えますので音域の合わない曲はキーを変えて練習してみることもお勧めします。どのキーがあっているかわからないときは、誰かに聞いてもらって選ぶといいですよ。)
*リズムに乗って歌う ベースやドラムの音をよく聞きながら歌ってみましょう。 リズムに乗って身体も一緒に動かすと歌うことがより楽しくなり声に艶がでてきますよ。
*メリハリを付ける。 曲全体だけでなくフレーズの中での強弱や、アクセント、 音の終わり方もポイントになります。
*歌詞の言葉やフレーズの流れの中で言葉を大事に発音する 流れてくる歌詞を正しい音程で歌うだけでは単調になってしまいがちです。 歌詞の意味を自分なりに解釈して歌うようにすると表現力が変わってきます。

Q4 自分の声が嫌いなのですが、解決する方法はありますか?

A   まずは漠然とした自分の声の好き嫌いのジャッジをするのをやめましょう。 嫌いだと思いながら声を出すのは体にも心にも良くありません。  声の質を上げることはできますが、声の色は十人十色。 まずは自分だけの声のあるがままに鳴らしてあげましょう。 ニュートラルな声の響きというのは美しいものです。 本当の声の魅力を開花させてあげることに集中しているうちに、 いつの間にか嫌いではなくっていると思いますよ。

Q5 人前で歌うのが緊張します。どうしたら良いでしょうか。

A   丹田呼吸法を練習することでメンタルも安定してきます。
緊張している時は肩が上がったり地に足が付いていないような感覚になったり 力みすぎて上へ上へとエネルギーが上がってしまっている状態になりますが、 丹田呼吸では下へエネルギーが流れ、大地とつながった感覚になります。 私は歌う前の準備にヨガや瞑想を取り入れてリラックスしたり 心を落ち着かせ、呼吸を深くする為にアロマオイルなども役立てています。

Q6 声量を増やすにはどうしたら良いですか?

A   声量を増やす為に大事なのは
*呼吸のコントール(腹式呼吸) *無理をしない喉の使い方(力まない・口の開け方)
*歌うのに適した姿勢。そしてそれらを支える腹筋や背筋の使い方がポイントです。
*身体の響きの場所と量を増やす
いきなり全てに意識をして正しく声を出すのは難しそうですが、まずは声の出やすいカラダの使い方を体験してみましょう。 仰向けになってリラックスした状態で、呼吸に意識を向けてゆったりとした呼吸をしながらハッと驚いた時のように口を開けます。顎や首に力が入らないように吐く息とともにあーと声を出してみます。喉だけではなく胸や背中など身体にも声が響いている感じがしてきたら、次に唇を軽く閉じてハミングにします。今度は顔や頭にも響いてくると思います。次に起き上がってなるべく同じように声を出してみます。同じ感覚でできれば
OKです。

腹筋・背筋・肺活量を増やすこともある程度必要です。 足りない・弱いと感じる方は少しずつ鍛えましょう。
腹筋だけでなく背筋も大事。バランスが大切です。 肺活量を増やす練習としては、
《4秒かけて鼻から息を吸って、4秒止めます。そして4秒かけてスーと音と立てながら口で息を吐きます。》
これを5分間続けます。慣れるまでは仰向けでやるとやりやすいです。 はじめは苦しいと思いますので無理のない時間から続けてみてください。 慣れてきたら6秒ずつ、8秒ずつ、10秒ずつとチャレンジしていきましょう。

Q7 表現力を付けるにはどうしたら良いですか?

A   *歌う前に歌詞をよく読んで自分なりに理解をします。 できれば声に出して朗読してみます。 カラオケなどで流れてくる歌詞を見ながら歌うだけでは単調になってしまいがちです。 一度歌詞全体のストーリーを考えながらよく読んでみると、“こんな風に歌いたい”というイメージができてくると思いますので、そのイメージに合わせて強弱や表情をつけていく練習をします。
その練習方法の一つとしては、
*顔の表情を変えて歌うこと を、試してみてください。 顔の筋肉を柔らかく使えるようにすることが目的で、“顔で歌う”のとは少し違いますよ。 同じフレーズを悲しい顔で歌ってみる、次に楽しい時の顔で歌ってみる、 今度は元気いっぱいなときの顔で、怒った顔で、嬉しい顔でという風に。 顔表情で声の色も変わります。真顔で歌うだけではどうしても声のトーンが単調になってしまい、 人によっては暗く聞こえてしまうこともあります。そういった人には口角を上げて笑顔で歌うことをおすすめします。声が明るくなり、言葉の説得力や表現力がぐっと広がります。

Q8 喉に良い飲み物を教えて下さい。

A   水が一番の友達です。 常温の軟水ミネラルウォーターが良いですよ。 風邪や喉が痛い時には大根あめがオススメです。 大根とはちみつを1日漬けておくと汁が出てくるのでそれをそのまま舐めたり、 お湯で薄めて飲んだりすると咳止めにも効果的です。

<レッスンに関する質問>

Q1曜日や時間は選べますか?

A   はい、可能です。毎回お互いのスケジュールの合う日を相談して予約をお取りいただけます。

Q2 スタジオレッスンの場合、お月謝と別途料金はかかりますか?

A   現在スタジオ代の一部をご負担いただいております。 月2回の場合、池袋・渋谷は1,000円/月、溝の口は2,000円/月です。

Q3 お休みの場合振り替えはできますか?

A   ご予約日の15日前までは無料で変更が可能です。 それ以降の振替は基本的にお受け出来かねますが、やむを得ない事情がある場合はご相談ください。

Q4 レッスンの選曲は自由にできますか?

A   はい、歌いたい歌を歌ってください。 必要に応じてこちらからレベルや声や課題に合った曲をご提案したり、 選び方についてアドバスさせていただくこともありますが、歌いたいという気持ちを大切に考えています。

Q5 バンド(ユニット)を組むにはどうしたらいいですか?

A   どんな曲をやりたいかレパートリーができたら、メンバーを探してみましょう。
デモ音源を用意しておくと良いでしょう。 メンバーの探し方は、部活やサークルに入ってみたり、 楽器屋さんや練習スタジオなどの掲示板を利用するなどの方法もあります。
インターネットで探す方法は情報が多いので、ジャンルや活動場所など趣味の近い人が見つかりやすい かもしれません。バンドメンバー募集のコミュニティーやバンドメンバー募集専用の掲示板サイトなどもありますよ。 連絡を取り合い、デモ音源の交換をするところから始めることになるかと思います。

Q6 ステージで歌うにはどうしたら良いですか?

A   不定期ではありますが生徒様向けのライブイベントを企画していますのでぜひ参加してください。

Q7 ライブやオーディション対策はお願いできますか?

A   はい。目的や目標に合わせて対応しています。

Q8 歌以外で、ナレーションやアフレコのレッスンはできますか?

A   スピーチボイトレについては専門外になりますが、発声の基本と歌を学びにナレーターや声優志望の生徒さんたちも通われています。

Q9  渋谷でレッスンを行うメリットがございましたらお知らせ下さい

A   渋谷はアクセスに便利。老舗のスタジオを利用しております。
本屋さんや楽器屋さん、カラオケなどもたくさんあるエリアなのでレッスンの前後に便利です。

Q10 池袋でレッスンを行うメリットがございましたらお知らせ下さい

A   池袋はアクセスに便利。きれいなスタジオです。
本屋さんや楽器屋さん、カラオケなどもたくさんあるエリアなのでレッスンの前後に便利です。

佐向先生コンサート情報

2016年 8月、9月のライブ情報はこちら

-渋谷と池袋の歌の教室-

渋谷(桜丘町)と池袋駅すぐ近くの歌の教室です。
渋谷(桜丘町)、池袋でのボイストレーニング、歌のレッスンをお考えの方は
是非お気軽に体験レッスンをお申し込みください。
初心者の方にも親切な歌のレッスン、歌の悩みのご相談を対応します。

目白、要町、椎名町の方もカラオケ教室、ボイストレーニングを受けてみよう♪

池袋の歌の教室では、目白、要町、椎名町からの生徒様も募集しております。歌唱力UPを目指したい方、声や人前で歌うことにお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。

<歌の悩みをボイストレーニングで解決>
  • 音域を広げたい
  • 声量を上げたい
  • 表現力をつけたい
  • すぐに喉が疲れるのをなんとかしたい
  • 好きな曲を歌えるようになりたい
  • 人前で緊張し過ぎず安定して歌えるようになりたい
  • ボーカルスクール、歌の教室で習っているが、今のボイストレーナーの歌のレッスンでは上達しない
  • 習っている歌の先生のボイストレーニングでは学びたいことに触れない
ボーカル教室がある渋谷という音楽の町

渋谷は日本の音楽が栄えていった町で、たくさんのレコード会社、
JAZZやR&B、アコースティックフォーク、シャンソンやロック、様々なジャンルのライブハウスが多く、楽器屋等も多く存在しています。

渋谷でボーカル教室に行ったり、ボイストレーニングに通うメリットは他の地域に比べ多いです。

例えば、ライブの前に、歌の先生にライブで歌う曲を聞いておいてもらったりボイストレーニングを受けてから、ライブに臨むことができます。

直前にボイストレーナーに聞いておいてもらうことで、ライブ中に気をつけること、意識しなければならないことが明確になり、本番のクオリティが高くなります。

また、
ソードミュージックボーカル教室では、先生の都合が良ければ
ライブ自体に足を運び、その内容を踏まえた上でのきちんとした歌唱力レベルを上げ、お客さんを感動させることを前提にレッスンすることもできます。

 

ライブの前や途中に歌い方、意識の仕方、パフォーマンス等のアドバイスもできるため、経験があまりない歌の生徒様にとってこんなに強いことはないでしょう。

ライブハウスや自分の歌を聴いてくれる人達の前で、自分の歌を感動的に届け、自分自身も満足できる歌い方をするために、歌の経験豊かなボーカル教室の先生の客観的な意見をもらえることは、かなり重要です。

是非渋谷でカラオケ教室、ボイストレーニングに習いに行ってみましょう!


ただ歌の教室でレッスンするだけではなく、
音楽文化が発展してきた渋谷という町で、自分の歌唱力や音楽性を研いて、ボイストレーナーと一緒に成長していきましょう!

<ボイストレーニング☆アドバイスページ>

当歌の教室で、楽しくボイストレーニングを行うお手伝いをできますと幸いです。

失敗しないボーカル教室 ボイストレーナー選び☆

楽しく、着実に上達するために、歌の先生選びに必要な
情報、知識を掲載しています。

歌のボランティア案内

ソードミュージックでは施設や福祉センターにアーティストの歌のボランティア派遣を行っております。派遣を希望する方は、お問い合わせフォームよりご相談ください。

歌のボランティア
参加者募集

また、当ボーカルスクールでは、歌のボランティアへの参加者を募集しています。
みなさんの歌を人の役に立ててみませんか?

詳細はこちら

ボイストレーナー募集

ソードミュージックボーカル教室では、新規でボイストレーナー、歌の先生を募集しています。

詳細はこちら

会社概要

株式会社
ソードミュージック

042-489-9771

042-489-9778

swordmusic@swordmusic.com

お問い合わせフォーム

住所

〒182-0015
東京都調布市八雲台2-1-10

代表者

田中 剣

主なレッスン場所

新宿、池袋、上野、赤羽、
中野、渋谷、国分寺、練馬、八王子、秋葉原、代々木、
町田、川崎、横浜、小田原、厚木、松戸、八千代、越谷、柏、さいたま、熊谷、浦和、大宮など

渋谷,府中,横浜のギター教室ならソードミュージックへ

会社概要・地図

ソードミュージック案内